シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリス肺炎になる

f:id:Alicetan:20190228104559j:image

お家に来て2日くらい経った頃、まろんからプスプスという音が聞こえるようになりました。

どうやらこれはリスの咳らしい(๑ó﹏ò๑)

 

ペットショップで購入したのは生後2ヶ月経った5月、赤ちゃんではなく子リスでした🐿

購入した時に既に風邪を引いていた可能性もあるけれど、温度管理が甘かったかもしれません(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)

子リスは本当に風邪を引きやすいらしく、そのまま命を落とす子もいるそうです。

 

病院へ連れて行ったら、麻酔を打ってレントゲンになりました。

その結果は…肺炎。

しかも結構重症なようで、

レントゲンでは肺の部分が真っ白でした。

また心臓肥大との診断も受けたけれど、元気ならばとりあえず問題はないらしい(´・ω・`;)

そして肺炎の薬を2週間分処方してもらい、咳が治らなければまた診せてくださいとのこと。

 

薬は粉をチョイスして飲み水に混ぜて与えていましたが、1日分を与えるのは難しかったです。

2週間分の薬を与えるのに3週間くらいかかってしまいました(・・;)

それでも全部飲み切った頃には咳は治まっていました。

 

リスは肺炎でも…ものすごく元気です!

毎日朝からカラカラと回し車を回し、ゲージの中を走り回っています!

小動物は具合が悪いことを隠すらしく、プスプス言わなければ気づきませんでした💦

ちなみにレントゲンと診察(初診)で13,000円くらいでした。

まろんは保険に入っていないのでそれなりにお金がかかりました。

ペット用保険もあるので心配だったら入っておいた方がいいかもしれません。

 

気付いた時には手遅れ、とならないように注意深く観察しなくてはいけないと思った出来事でした。