シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

ハムスターゲージの選び方

ゲージの種類

ハムスターのゲージは本当にたくさんの種類が販売されています。

可愛いものも多く、迷ってしまいます。

ゲージは大きく分けて3種類あり、それぞれメリット・デメリットがあります。

ハムスターは小さいけれど、とても運動量が多いので広ければ広いほど良いとされています⸜(๑⃙⃘'ᵕ'๑⃙⃘)⸝⋆︎*

ロボロフスキーはハムスターの中でもとてもよく動き回る種類なので、小さいハムスターだからといってゲージも小さいものにしないでください。

私も最初は店員さんに勧められて小さいものを買ってしまい、買い直しました(^_^;)

ロボロフスキー 多頭飼いの場合は回し車が2つあってもいいかもしれません。

金網ゲージ

金網とプラスチックで出来ているものも多いです。

メリット

・通気性が良く、臭いが籠らない。

・安価で一番種類が豊富。

デメリット

・ハムスターがゲージの金網部分をかじってしまう。

・金網を登ってしまい、落ちて怪我をする恐れがある。

 

我が家でジャンガリアン用に最初に購入したのはこれです。

分解出来て隅々まで洗いやすく、別売りでパイプを繋げて遊べるパーツがあります。

 

現在はロボロフスキーのチュチュのゲージとして使用中です。

ジャンガリアンのナナは金網まで届いてしまうので、毎日登ってずっとガジガジやっておりました(・・;)

金網まで少し高さがあるので、小さいロボロフスキーだと金網まで届かず、登ったりかじったりはしません。

 

水槽タイプ

ペットショップで販売されてる時に入っているようなゲージです。

ガラス、アクリル、プラスチック製があります。

メリット

・ゲージをかじらない。

・観察がしやすい。

・保温性が高い。

・掃除がしやすい

・安全性が高い。

デメリット

・臭いがこもる。

・回し車、給水器の取り付けがしにくい。

・値段が高い。

・重いので移動は困難。


 

ブログを始めてみて、普通のゲージだと写真が撮りにくいことに気がつきました。

このタイプであれば綺麗に写真が撮れるかもしれません。

プラスチックタイプ

メリット

・ゲージをかじらない。

・軽い。

・保湿性が高い。

・安全性が高い。

デメリット

・臭いがこもる。

・回し車、給水器の取り付けがしにくい。

オススメゲージ

私が最終的に行き着いたゲージはこちらのプラスチックタイプです。

SANKO ルーミィ ブルー

SANKO ルーミィ ブルー

 
SANKO ルーミィ ピンク

SANKO ルーミィ ピンク

 

 正直、これは間違いないです。

その理由は…

①掃除がしやすい。

真ん中で半分に分解するだけで、本当に楽ちんです。

また、上半分を床に置いてハムスターを中に入れれば掃除中に他のゲージに移す必要がありません。

②広い。

特にロボロフスキー多頭飼いを検討されている方にオススメです。

③回し車、給水器が備え付けられている。

取り付けしにくいというデメリットを解消しています。

回し車は移動可能なので、レイアウトも変えられます。

④安全性が高い。

ゲージをかじったり登ったりが出来ません。

金網に挟まったりしないので、子育てにも最適。

⑤観察がしやすい。

下半分は色付きですが、どの角度からも見ることができます。

⑥ハウスを買わなくても良い。

二階の下部分がお部屋になっているので、お家として使えます。

f:id:Alicetan:20190305230505j:image

手前のスペースをお家として使ってます。

(移動することもあります)

メグ&リズは仲良しなのでよく重なって寝ています💤

 

1つだけ、デメリットが解消されていないことがあります。

それは臭いがこもること。

これを解消すべく、私は床材にこれを混ぜて使っています。

f:id:Alicetan:20190305235627j:image

これは最初にシマリスを買った時、ショップの店員さんにシマリスのゲージの下に敷いておくトイレとしてオススメされたものです。

水分を吸収するトイレ砂として販売されていますが、消臭効果があり安価なのでハムスターゲージの床材に少し混ぜて使用しています。