シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスの販売時期と価格

販売時期

シマリスの繁殖期は春です🌸

お店に入ってくるのは早くて3月中旬くらいですが、3月初旬から予約を受け付けているお店もチラホラ出ています«٩(*´ ꒳ `*)۶»

ゴールデンウィーク前後になると子リスを店頭で見かけることも多くなります。

シマリス入荷はない店もあるので、入荷の有無は直接お店に電話して確認すると良いです。

価格

販売価格は5,000〜10,000円ほどで、大きくなるにつれて安くなっていきます。

希少価値があるホワイトシマリスは30,000円〜60,000円ほどのようです。

犬や猫と比べるとお手頃で、初期費用もあまりかかりません。

子リスを選ぼう

シマリスはベビーから慣らせば懐きやすいと言われていますが、ベビーには体調を崩しやすい為、徹底した温度管理が必須で飼育も大変難しいです。

ベビーでなく子リスでも懐くので、初心者には生後2ヶ月を過ぎた子リスをオススメします❤︎(。☌︎ᴗ☌︎。)

多頭飼い

シマリスは縄張り意識が強いので、多頭飼いは出来ません✖️

ベビーのうちなら良いですが、大人になったら1匹につきゲージは1つ必要となります。

ベビーを複数選ぶ場合はお店で同じゲージに入っている子を選ぶと良いです。

最後に

f:id:Alicetan:20190313113050j:image

まろんは3月生まれで、お家に来たのは5月下旬。

生後1ヶ月半〜2ヶ月ほどの子リスの時ですが、ちゃんと懐いています♡

(お迎えしてすぐに肺炎になりましたが💦)

子リスであっても風邪を引きやすいので、温度管理には十分な配慮が必要です。