シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスの健康管理

健康管理

シマリスの適温は20〜25度、10度を下回ると冬眠する恐れがあります。

健康を維持するためには温度管理は必要不可欠です。

シマリスは体調が悪くても、それを表には出しません。

なので体調の変化に気づいてあげられるよう、普段からよく観察してあげなければなりません。

エサ

いつも通りの量を食べているか。

秋になると巣に持ち帰ったりしているので、わかりにくい時もあります。

巣の中に溜め込んでいないのかチェックします。

排泄物

フンの大きさや色、尿はいつも通りか。

特に下痢は要注意です。

外観

毛艶はあるか、抜け毛がないか。

鼻水が出たり、目やにがないか。

怪我をしていないか。

爪が伸びていないかもチェックします。

体重

定期的にシマリスの体重を測ります。

お出かけ用キャリーなどに入れて測りに乗せ、後でキャリーの重さを差し引きます。

我が家での測り方

好きなものを体重計の上に置き、スタートボタンを押してからまろんを呼びます。

この体勢でしばらく餌を食べているので、計るのはとても簡単です。

f:id:Alicetan:20190305230008j:image

シマリスの平均体重は80〜150グラムです。

(個体によって大きさに差があります。)

まろんは最近ぽっちゃり気味ですが、小さな個体なのかもしれません。

最後に

日々シマリスのお世話の中で良く観察してあげることで、病気の早期発見にも繋がります。

シマリスが元気に過ごせるようたくさんコミュニケーションを取っていきましょう♫