シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスの爪切り

シマリスを家で飼っていると、どうしても伸びてしまう「爪」

野生とは違い、木登りや穴掘りで自然に爪が削れないのです。

我が家のシマリスまろんもいつも爪が長めです。

シマリスの爪の切り方、4通りあるので紹介します。

 

*シマリスの爪の切り方*

 

①人間に慣れている子は1人が押さえて、もう1人が切る

これは飼育本に書いてありましたが…まろんは押さえてじっとさせることが出来ません。

押さえられることをとても嫌がります。

これはシマリスの性格によると思わるので、大人しい子であれば可能ですね。

 

②寝ている間に切る

寝ている時に爪を切っても起きない子には最適です。

しかし我が家のまろんはとても敏感なタイプで、寝ている時に爪を切ろうとすると、すぐに嫌がって起きてしまいます(´Д` )

まろんは切れても2本くらいです。

 

③洗濯ネットに入れて切る

これも本やネットによく載っている情報ですが、動画や写真は見つからずイマイチやり方がわかりません。

一度入れてみましたが、とても嫌がって暴れ、なんだか可哀想でした。

もちろん失敗に終わりました…。

 

④オヤツに夢中になっている間に切る

これが一番ハードルは低いと思われます。

好物を与え、食べている間にそっと気づかれないように切ります。

 

まろんがおやつに夢中になっている間に少しずつ切っていきます。

f:id:Alicetan:20190404212641j:image

f:id:Alicetan:20190404212649j:image

ゆっくりそ〜っと切れば、そんなに嫌がりません。

食べている間は集中しているので、チャンスです!

難点としては…手の爪が切れないことです。

 

 

まろんは起きている時に押さえても嫌がって逃げてしまうので、隙あらば切ろうと常に爪切りをスタンバイしています。

ちなみに爪切りは普通の人間用です。

 

大人しく爪を切らせてくれるシマリスは恐らくいないでしょう。

嫌がって可哀想ですが、まろんは手の爪がなかなか切れないので洗濯ネットで再挑戦する予定です。

 

爪切りの方法を紹介してみましたが、どうしても自分では難しいようなら、動物病院で切ってくれるので、電話で確認してみてください(^^)