シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスまろんの1日

シマリスは昼行性の動物です。

野生のシマリスは夜が明けると活動を始め、日が沈む頃には巣に戻って眠ります。

活動している間は餌を探したり、巣に持ち帰ったり、あちこちの土の中に埋めて餌を隠したりしています。

 

ペットのシマリスも同様に昼行性ですが、多少人間の時間に合わせて生活しています。

朝は明るくなると起きて活動を始め、夜は部屋を暗くすると大人しく寝ます。

 

まろんのタイムテーブル

7:00   目覚める

⬇︎      ご飯を食べる

          回し車で遊ぶ

          昼寝をする

          (食べる・遊ぶ・寝るを繰り返す)

17:00 暗くなったので寝る

18:00  主帰宅、電気が付いて目覚める

20:00  部屋んぽ、オヤツ

⬇︎

23:00  就寝

 

まろんは朝起きてから、夜寝るまでの間に何度かお昼寝をしています。

それも1時間単位でがっつり寝ます。

寒い時はお布団に入って寝ますが、最近暖かくなってきたからか、お布団の上にいることが多いです。

f:id:Alicetan:20190407180757j:image

 

寒い時期は朝起きてもなかなか布団から出てこない日が多く、起きてはいるけれどお布団の中でぬくぬくしています。

f:id:Alicetan:20190408100552j:image

 

そして夕方は暗くなると寝てしまいます。

普段は人間に合わせて23時頃まで起きていますが、夜に電気が付かないと本気寝モードに入ります。

 

19時頃からゲージを噛んで、出して欲しいアピールが始まります。

(目が合ったり、ゲージに近づくと「気づいてもらえた!」と思い噛むのをやめるので、写真が撮れません。)

 

そして20時頃から部屋んぽを始め、たくさん運動します。

リスはとても動きが俊敏で、走ることも登ることも得意です。

f:id:Alicetan:20190408102502j:image

f:id:Alicetan:20190408102608j:image

 

部屋んぽをしているうちに眠くなりますが、絶対に自分からゲージに帰って寝ようとはしません。

カーテンレールの上でウトウトしてるので、捕まえてゲージに戻します。

f:id:Alicetan:20190408104148j:image

 

眠くなると動きもゆっくりになり、逃げることもなく、噛むこともなく、捕まったら諦めてゲージに戻されます。

眠かったはずなのに、ゲージに戻してから部屋の電気が完全に暗くなるまで、回し車で遊んでいたりします。

 

そして電気が消えると完全に動きが止まり、すぐに寝てしまいます。

こうして1日が終わります。

また翌朝、お布団から出てこないまろんに声をかけて1日が始まります♫