シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスまろんとの巣作り

シマリスは巣作りが得意です。

野生下では枯れ葉などを集め、地下や木の上の巣に持ち帰って巣作りをします。

 

飼育下ではゲージに床材や新聞紙などを入れておけば、自分で巣に持ち帰り温度調整をしたりします。

 

まろんも「巣材を運ぶ」という習性が残っています。

部屋んぽをしている時にティッシュをあげてみると、頑張って口に押し込んで運ぼうとします。

f:id:Alicetan:20190420214607j:image
f:id:Alicetan:20190420214555j:image
f:id:Alicetan:20190420214600j:image
f:id:Alicetan:20190420214604j:image

 

普段ゲージにティッシュを入れてみても、全く使いませんが…。

部屋んぽの時はこのティッシュを運んで、お気に入りの場所に持っていきたいようです。

ティッシュ一枚は口に押し込めないので、いつもこんな感じです。

この時にティッシュを取ろうとしたり、まろんを捕まえようとすると嫌がります。

f:id:Alicetan:20190420215108j:image

 

お気に入りの場所は、好きすぎて穴を開けてしまったカーテンです。

どうやらこの穴にティッシュを入れて巣を作りたいようですで、ここに全て持って行きます。

f:id:Alicetan:20190420215030j:image

 

しかしタッセルをしていないカーテンにティッシュを固定するのは難しく、床にほとんど落ちてしまいます。

f:id:Alicetan:20190420220055j:image

 

これを毎回何度も繰り返し、結果は同じ。

果たしてシマリスに学習能力はあるのか?と疑問に思うこともありますが、一生懸命やっているので手を出さずに見ています。

 

カーテンはもうボロボロなので、たまにはまろんのためにタッセルを巻いて第2の巣を作らせます。

こうするとカーテンの穴が悪化するだけでなく、ここにオヤツを溜め込んでしまうのでいつも巻いておくわけにはいかないのです。

f:id:Alicetan:20190420220551j:image

 

タッセルを巻いてあげたらすぐにティッシュを持って行き、寝ていました。

きっとこのフィット感が気持ち良さと安心感を与えるのでしょう。

f:id:Alicetan:20190420222028j:image

 

このまま少し寝かせてあげてからゲージに戻そうと思います。

 

おやすみ、まろん💤