シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスまろんと掃除機

シマリスは優れた聴覚を持っています。

それ故に音にはとても敏感で、大きな音が苦手です。

シマリスは人間のように手で耳を塞ぐことは出来ないので、耳をパタッと閉じて塞ぎます。

 

掃除機をかけている時は、いつもとても不快そうです。

f:id:Alicetan:20190514235202j:image

『うるさいなぁ〜』と思いながらも、耳を塞いで餌を食べています。

f:id:Alicetan:20190514235211j:image

しかし掃除機を近づけてみても逃げません。

むしろ寄ってきて、これが何なのか調べています。
f:id:Alicetan:20190514235206j:image

無害だとわかっているのか、攻撃をしてくることはありません。

きっとこれが部屋を綺麗にする道具だとは理解していないでしょう。

「掃除機=うるさいやつ」と思っているけれど、ビックリしてパニックになったりはしません。

まろんは迷惑がりながらも、掃除機の音はそれほど気にしません。

 

まろんの大嫌いな音、それは…

ビニール袋のカサカサ音です。

赤ちゃんが大好きなあの音ですね。

まろんはお迎えした時からずっと、この音が大の苦手です。

ゴミをまとめたりすると、パニック気味になり部屋中を暴走し始めます💨

 

どう考えても、ビニールの音より掃除機の音の方が大きいしうるさいですよね。

音の大きさではなく、ビニール袋のカサカサ音は苦手なジャンルの音なのかもしれませんね。