シマリスまろんとロボロフスキーの日常

シマリスとハムスターの飼い方、食事、懐かせ方、病気などを日々の出来事を交えてお伝えします。

シマリスまろんの夕涼み

昼間は暑いですが、夕方は曇って気温も下がり、風も涼しくなってきたので、まろんをベランダへ出しました。

部屋の窓を開けるよりも、いっそ外に出した方が涼しいですね^ ^

f:id:Alicetan:20190518162621j:image

普段は部屋を締め切ってエアコンを付けることが多いので、いつもよりも良く聞こえる外の音が気になっているようでした。

車の音や鳥が鳴いている声、人の話し声など、少し止まって考えているようでした。

今日はウグイスがよく鳴いていました。

 

シマリスを外に出す時に注意しなくてはならないことは、脱走しないこと直射日光に当てないことです。

脱走して遠くに行ってしまったら、帰ってこないと思った方が良いでしょう。

どうやらリスには帰省本能は備わっていないようです。

あまり暑くなくても直射日光に当たってしまうと、熱中症になってしまう恐れがあります。

f:id:Alicetan:20190518180822j:image

5時半頃の気温は22度と、シマリスにとってはとても快適な気温です。

これからだんだん暑くなってきますが、シマリスに水浴びをさせようなんて考えてはいけません。

びっくりしてショック状態になったり、風邪をひいてしまいます。

f:id:Alicetan:20190518183355j:image

しばらくしてゲージをお部屋に戻したら、外に出たそうなまろん。 

「まろん可愛いでしょ?出して?」と聞こえてきそうなほど、強く目で訴えております。

部屋んぽまでもう少し待ってね🎵